ハッピー・ホテル > 赤ペン瀧川先生の男一匹ホテル満喫の旅 > part.1 千葉の夜は優しく抱きとめる

プロフィール
[赤ペン瀧川先生]
瀧川 英次(タキガワ エイジ)
何でも添削家 2007年にmixi内にコミュを立ち上げ、2008年から添削スライドショーを始める。5月27日には松竹からライブの模様を収録したDVDを全国発売。精力的に添削業、執筆業をこなしている。

オフィシャルブログ:
七里ガ浜オールスターズ 瀧川英次のブログ 「鼻は高く 腰は低く」




ハピホテおすすめ

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

最近のホテル満喫の旅
第47回 TWO-WAY(渋谷) 第46回 ARAMIS(新宿) 第45回 ぱるうあ中央店(鳥取) 第44回 LOVE 生玉(大阪) 第43回 HOTEL DEN(足立) 第42回 シエロ(東川口) 第41回 HOTEL カラフルP&A新宿(新宿) 第40回 ホテルザ・ロータスバリ(川崎) 第39回 2013年まとめ 第38回 ホテル CHAT(浦安) 第37回 HOTEL lereve(浅草) 第36回 ノーブル(宇都宮) 第35回 ホテル バロン 千葉中央(千葉) 第34回 HOTEL COMFY(西川口) 第33回 AFRICA HOTEL555 湘南店(湘南) 第32回 ヴィラジュリア道玄坂(渋谷) 第31回 HOTEL555 Discovery 新沼津店(沼津) 第30回 ホテル カリフォルニア雷門店(浅草) 第29回 PASHA【新宿JHTホテルグループ】(新宿) 第28回 HOTEL LADY ASHLEY(松戸) 第27回 HOTEL thera(町田) 第26回 ホワイトボックス(五反田) 第25回 2012年まとめ 第24回 シャトーブリアン(大宮) 第23回 プルメリア(柏) 第22回 カサブランカ 池袋(池袋) 第21回 ホテル ユーズ(大阪市中央区) 第20回 HOTEL LUXE(名古屋市東区) 第19回 ホテル ロンドン王子店(王子) 第18回 フォーラム(新大久保) 第17回 ミント川口店(埼玉県蕨市) 第16回 ライオンズロック(練馬) 第15回 ビラセンメイ(蒲田) 第14回 ホテル SWEETS(上野) 第13回 ノアノア(川崎市川崎区) 第12回 セントラルパークホテル 横浜店(横浜市中区) 第11回 HOTEL HIPジャルディーノ(さいたま市岩槻区) 第10回 HOTEL BaliAn RESORT 錦糸町(錦糸町) 第9回 MAXIN(千葉市花見川区) 第8回 HOTEL LILLET(湘南) 第7回 D CUBE(巣鴨) 第6回 PRINCESS3世(大塚) 第5回 HOTEL B-SIDE(五反田) 第4回 ホテル ローマ(鶯谷) 第3回 HOTEL AROMA(池袋) 第2回 アランド(渋谷) 第1回 遊楽膳(新宿)
PR


第9回 MAXIN(千葉市花見川区)
part.1 千葉の夜は優しく抱きとめる

当ホテルは風俗営業法の定めにより18歳未満の方はご利用いただけません


山手線もかなり制覇した。神奈川にも行った。さぁ次はどこなんだい?そんな軽い気持ちで連絡を待っていた。都内だと思っていた。路線が変わるぐらいだと思っていた。交通費は安く済むと思っていた。今回、宿泊したのは千葉。新検見川駅からほど遠く、本来なら車で行くようなホテル。何故って高速道路から近い場所だから。しかし僕は車がない。無論、移動は電車な訳だ。行くぜ。俺はどこまでも行くんだぜ。それが例え千葉であり、最寄り駅が新検見川であり、最寄り駅から行っちゃうとバスで30分もかかろうとも。

【新検見川に到着】
9月12日。夜21時。新検見川に到着した。まさか千葉まで来るとは思っていなかった。初めて降り立つ駅に戸惑うが逆にハイテンション。



【新検見川は充実】
もちろん駅のコンビニもあるし蕎麦屋だってある。「ホットひと息!」という定番ギャグも冴え渡る。


【まずは南口】
とにかく出口は南口。南口を目指すのだ!


【ハピホテアプリ発動】
どうやらこれから向かうホテルは高速の横にあり普通は車で行く場所らしい!ハピホテアプリを発動だ!


【まずは地図検索】
現在地情報を入れれば近くにどんなホテルがあるか丸分かり!ひゃっほー!



【最寄りのラブホテルを検索】
うおぉお!やっぱり遠いぞ目的地のラブホテル「MAXIN」。


【バスが終わってた】
新検見川駅から「いきいきプラザ行き」のバスに乗って下さいとの連絡だったのだがこの時間では思い切りバスが終わってた。まじか。やむを得ない。こうなったら大人の力でタクシーだ。赤ペンはトランクにINだ!


【運転手さんと弾む会話】
運転手さんに「いきいきプラザまで!」と元気よく伝えると「もう終わってますよ、いきいきプラザは」と言われるので正直に「これからラブホテルのMAXINに行くんです!」と言うと「え!?お一人で!?」と返される。いいよ、そんなコメントはもう慣れてるんだよ…。


【運転手さん情報】
「MAXINからのお客様、よく乗せたりするんですよ…」「そうなんですか…?」「ええ、色々な人を乗せてきましたよ…」運転手さん、何を知ってるんだよ…。


【いきいきプラザに到着】
ゴミ処理の熱を利用して温水プールの施設があるらしい「いきいきプラザ」。そんな健康的な施設の横に…。


【見えた!MAXIN!】
いきいきしてるプラザの横に思い切りMAXINがそびえ立つ。すげえ。何て言うか…千葉ってだ・い・た・ん!


【ラストコンビニはここ】
ホテルの目の前にMINI STOPがポツンと。しかしホテルの目の前にあるコンビニは非常に有り難い。ビール購入。


【MAXINはこちら】
ホテルの目の前に立ち、まるでお城の主のような勢いで写真を撮影。どうだ、俺は千葉まで来たんだぞ。1人で電車を乗り継いで、タクシーの運転手さんに怪訝な顔をされながらな!


【目の前は畑】
ラブホテルの前にはかなりの広さの畑。「種を撒く」という意味ではホテルも畑も同じカテゴリーであると言える。


【謎のノボリ】
いつ話題になっていたのだろうか。そんなラブチェアの存在すら知らなかった。とにかく話題になってるドリームラブチェアがあるらしい。


【入り口はこちら】
18歳に満たない子供は入る事が許されない門。先生は33歳なので余裕でスルー。さぁ、入ってみるぞMAXIN。


【入り口からMAX】
色んなサービスやらお菓子コーナーやら…入った瞬間にMAX感に溢れた感じ。とても明るくエロさがない。爽やかささえ漂うMAXIN!


【とりもどせ青春!】
18歳は入っちゃダメ!という看板をくぐって3mくらいだろうか。セーラー服のコスプレが展示してある。アメとムチ。いや、分かってる。分かってよ、みなまで言うな、という事か。大人になってもセーラー服は好きなんだろ?本物は入れちゃダメだし…これを使えよ…という事なのだろう。取り戻せ青春。


【空いてて良かった】
考えてみればここで満室だった場合、どうするつもりだったのか。まさに陸の孤島。しかし運良く空いていたので一安心。タッチパネル式のお部屋チョイス。



【タオルキャミ!】
なにこのキャミ。バスローブよりもっと可愛いのが着たい!すぐに脱がされたとしても!という女子の希望に応えてくれるのがこのタオルキャミ。かわええのぅ。これはさすがに借りれなかった。ごめん。


【無料レンタルコーナー】
各種シャンプーやリンス。頭皮のマッサージグッズまで。電話で発注しないでもお部屋に行く段階で借りられる。とってもスムーズなのさ。



【ハピホテタッチ】
入り口の所にハピホテタッチが設置されていたのでぱちり。どんなサービスかっていうと…ホテルに泊まるとポイントが溜まるってやつだな。ハピホテから登録して泊まる度にピピっとやったらいいじゃない。


【ほら、これが説明文さ】
これこれ。ちゃんと張ってあったや。ハピホテマイルというのを貯めるのだよ。そうすると良い事があるの。分かったかしら…?ドキドキ。


【毎月10日がやばい】
MAXINの日と言ってはいるが…こんなに安くしちゃっていいのか…これは凄まじいぞ。ちなみに先生が泊まるのは308号室。一泊1万3800円というところ。千葉まで来たので贅沢しちゃいました…すいません。10日に来たらこれが6500円だもの。凄まじさ、伝わるかい?


【とりあえず到着】
よし、とりあえず308号室に到着だ。凄く遠かった。しかしその甲斐ありなこの部屋。目の前が畑である事を忘れてしまうほどのセレブ感溢れるお部屋の紹介は来週だ!お楽しみに!


記事文章は瀧川先生の主観であり、ハッピー・ホテルの見解ではございません。





【取材してほしい街、ご意見・ご要望募集】





ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ