ハッピー・ホテル > 赤ペン瀧川先生の男一匹ホテル満喫の旅 > part.4 岩槻の朝はウドンから始まる。

プロフィール
[赤ペン瀧川先生]
瀧川 英次(タキガワ エイジ)
何でも添削家 2007年にmixi内にコミュを立ち上げ、2008年から添削スライドショーを始める。5月27日には松竹からライブの模様を収録したDVDを全国発売。精力的に添削業、執筆業をこなしている。

オフィシャルブログ:
七里ガ浜オールスターズ 瀧川英次のブログ 「鼻は高く 腰は低く」




ハピホテおすすめ

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

最近のホテル満喫の旅
第47回 TWO-WAY(渋谷) 第46回 ARAMIS(新宿) 第45回 ぱるうあ中央店(鳥取) 第44回 LOVE 生玉(大阪) 第43回 HOTEL DEN(足立) 第42回 シエロ(東川口) 第41回 HOTEL カラフルP&A新宿(新宿) 第40回 ホテルザ・ロータスバリ(川崎) 第39回 2013年まとめ 第38回 ホテル CHAT(浦安) 第37回 HOTEL lereve(浅草) 第36回 ノーブル(宇都宮) 第35回 ホテル バロン 千葉中央(千葉) 第34回 HOTEL COMFY(西川口) 第33回 AFRICA HOTEL555 湘南店(湘南) 第32回 ヴィラジュリア道玄坂(渋谷) 第31回 HOTEL555 Discovery 新沼津店(沼津) 第30回 ホテル カリフォルニア雷門店(浅草) 第29回 PASHA【新宿JHTホテルグループ】(新宿) 第28回 HOTEL LADY ASHLEY(松戸) 第27回 HOTEL thera(町田) 第26回 ホワイトボックス(五反田) 第25回 2012年まとめ 第24回 シャトーブリアン(大宮) 第23回 プルメリア(柏) 第22回 カサブランカ 池袋(池袋) 第21回 ホテル ユーズ(大阪市中央区) 第20回 HOTEL LUXE(名古屋市東区) 第19回 ホテル ロンドン王子店(王子) 第18回 フォーラム(新大久保) 第17回 ミント川口店(埼玉県蕨市) 第16回 ライオンズロック(練馬) 第15回 ビラセンメイ(蒲田) 第14回 ホテル SWEETS(上野) 第13回 ノアノア(川崎市川崎区) 第12回 セントラルパークホテル 横浜店(横浜市中区) 第11回 HOTEL HIPジャルディーノ(さいたま市岩槻区) 第10回 HOTEL BaliAn RESORT 錦糸町(錦糸町) 第9回 MAXIN(千葉市花見川区) 第8回 HOTEL LILLET(湘南) 第7回 D CUBE(巣鴨) 第6回 PRINCESS3世(大塚) 第5回 HOTEL B-SIDE(五反田) 第4回 ホテル ローマ(鶯谷) 第3回 HOTEL AROMA(池袋) 第2回 アランド(渋谷) 第1回 遊楽膳(新宿)
PR


第11回 HOTEL HIPジャルディーノ(さいたま市岩槻区)
part.4 岩槻の朝はウドンから始まる。

【先生が…!?】
朝になったら真珠になってしまっている…やばい!やばいよー!


【ほーら!】
先生でしたー!真珠になってなくて良かったねー!もー、朝から面倒くさい写真を撮って喜んでる場合じゃねえよ。


【窓発見】
昨日は全く分かってなかったけど実は貝の後ろには窓があったのだった。まるで後光のように差し込む朝日。


【爽やかに見える不思議】
昨日は妖艶な雰囲気だった貝も朝日を後ろに浴びて非常に爽やかに生まれ変わっている。色んな表情を見せてくれるのも貝の魅力の1つだろう。


【どうなってんだよ…】
寝癖が異常。どうかしてるレベルの寝癖になってる。さすが貝。何かの魔法をかけられたに違いない。



【さて、コーヒーでも】
朝になったしゆっくりウドンを待ちながらコーヒーでも飲みますかー。


【悩ましいぜ】
どれを飲もうか。どれを飲んだらいいのだろうか…お茶も紅茶もいいけれど…やはりコーヒーにしよう。お湯を沸かそう。


【ここでもコードが!】
ポットに電源コードを差し込んで沸騰させようと思いきや、ここでもコードが短い。メニューには強いがコードには弱い。可愛いドジっ子みたいなホテル・HIPジャルディーノ。


【ウドン到着】
来たー!遂にウドンが到着!うまい。これも手作りじゃねえか?何だか凄い美味しい!朝からご機嫌だ。


【スキンローション】
ウドンを食べて出発の準備をしている中、スキンローションなるものを発見。なんだコレ…?とりあえずつけてみる。あらやだ、お肌がスベスベ。何もエッチな事はないがスベスベに。


【さて、出るか】
こちらのホテルでは帰る時にはフロントに電話。「帰りまーす」って言えばいいからね。「終わりました」とか意味が分からない報告とかすると店員さんもビックリしちゃうからね。


【メンバーズ】
そして帰りの際にメンバーズカードを頂く。ありがとう。宿泊が6800円だしご飯と色々と頼んでもリーズナブル。特別貝料金などないので安心して泊まれる値段設定と言える。


【朝の尻】
夜は何だか自然な感じで光っていた看板だが朝になると全貌が明らかに。外人に見せたい。とにかく外人に見せたい、この看板。


【歩いて駅に向かってみます】
来る時はタクシーだったからラクチンだった。帰りもタクシーを拾おーって思っていたが全く通らない。しまった、ホテルで呼んでもらうべきだったようだ。うぐぐ。歩くしかねえ。


【徒歩20分くらい】
調べたらそれくらいの時間だったのでてくてくと移動してみる。赤ペンをしまうタイミングとしては岩槻駅だ。そこまでは剥き出しのまま歩かなければならない。きつい。恥ずかしいし、単純に重くてきつい。


【「お」が小さい】
どうしてこんな大きさの「お」になってしまったのだろうか?看板が出来てから付け足したのだろうか?「人形に『お』をつけないなんておかしいだろう!?」的なもめ事があったのだろうか?心配だ。


【駅が近づいてきた】
HIPから徒歩20分もしないうちに平和な駅の風景が見えてきた。やった、ついた。アパマンショップで間取り図を見たら驚きの安さ。さすがだぜ、岩槻。


【岩槻に到着】
やったー!今月も無事に終わりました、男一匹ホテルの旅。まさかの埼玉。まさかの岩槻。まさかの貝。そして貝。貝の上に人を作らず、貝の下に人をつくらず。貝は貝として朝から夜までカップル達の到来を待っている。そう、210号室で。埼玉から戻った先生が次に行くのは貴方の街かもしれない。お勧めホテルなどなど情報募集中!また来週!


記事文章は瀧川先生の主観であり、ハッピー・ホテルの見解ではございません。





【取材してほしい街、ご意見・ご要望募集】





ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ