ハッピー・ホテル > 赤ペン瀧川先生の男一匹ホテル満喫の旅 > part.1 西武新宿線に揺られて向かうは百獣の王の名がつくあのホテル。

プロフィール
[赤ペン瀧川先生]
瀧川 英次(タキガワ エイジ)
何でも添削家 2007年にmixi内にコミュを立ち上げ、2008年から添削スライドショーを始める。5月27日には松竹からライブの模様を収録したDVDを全国発売。精力的に添削業、執筆業をこなしている。

オフィシャルブログ:
七里ガ浜オールスターズ 瀧川英次のブログ 「鼻は高く 腰は低く」




ハピホテおすすめ

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

最近のホテル満喫の旅
第47回 TWO-WAY(渋谷) 第46回 ARAMIS(新宿) 第45回 ぱるうあ中央店(鳥取) 第44回 LOVE 生玉(大阪) 第43回 HOTEL DEN(足立) 第42回 シエロ(東川口) 第41回 HOTEL カラフルP&A新宿(新宿) 第40回 ホテルザ・ロータスバリ(川崎) 第39回 2013年まとめ 第38回 ホテル CHAT(浦安) 第37回 HOTEL lereve(浅草) 第36回 ノーブル(宇都宮) 第35回 ホテル バロン 千葉中央(千葉) 第34回 HOTEL COMFY(西川口) 第33回 AFRICA HOTEL555 湘南店(湘南) 第32回 ヴィラジュリア道玄坂(渋谷) 第31回 HOTEL555 Discovery 新沼津店(沼津) 第30回 ホテル カリフォルニア雷門店(浅草) 第29回 PASHA【新宿JHTホテルグループ】(新宿) 第28回 HOTEL LADY ASHLEY(松戸) 第27回 HOTEL thera(町田) 第26回 ホワイトボックス(五反田) 第25回 2012年まとめ 第24回 シャトーブリアン(大宮) 第23回 プルメリア(柏) 第22回 カサブランカ 池袋(池袋) 第21回 ホテル ユーズ(大阪市中央区) 第20回 HOTEL LUXE(名古屋市東区) 第19回 ホテル ロンドン王子店(王子) 第18回 フォーラム(新大久保) 第17回 ミント川口店(埼玉県蕨市) 第16回 ライオンズロック(練馬) 第15回 ビラセンメイ(蒲田) 第14回 ホテル SWEETS(上野) 第13回 ノアノア(川崎市川崎区) 第12回 セントラルパークホテル 横浜店(横浜市中区) 第11回 HOTEL HIPジャルディーノ(さいたま市岩槻区) 第10回 HOTEL BaliAn RESORT 錦糸町(錦糸町) 第9回 MAXIN(千葉市花見川区) 第8回 HOTEL LILLET(湘南) 第7回 D CUBE(巣鴨) 第6回 PRINCESS3世(大塚) 第5回 HOTEL B-SIDE(五反田) 第4回 ホテル ローマ(鶯谷) 第3回 HOTEL AROMA(池袋) 第2回 アランド(渋谷) 第1回 遊楽膳(新宿)
PR


第16回 ライオンズロック(練馬)
part.1 西武新宿線に揺られて向かうは百獣の王の名がつくあのホテル。

当ホテルは風俗営業法の定めにより18歳未満の方はご利用いただけません


世の中はお花見シーズン。あと一週間もすれば散ってしまうであろうサクラを愛でるべく、人は友達と、恋人と、サクラの木の下を歩く。
そんな中、赤ペンを担いでウロウロしてる人間の気持ちなんて誰も分からない。分かろうともしない。それはそうさ。人はみなサクラに夢中なのさ・・・でもよく考えて、恋人たち。
君たちはこれからどこに行くの?そう、ホテルでしょ?どこのホテルが素敵なのか知ってるの?知らないでしょ?それを伝える仕事をしているのはね・・・
そう、僕だよ。この赤ペンを担いだ僕さ。それで今日はどこの街に行くの?え?武蔵関・・・?しらねえよ、そんな街!うおー!


【西武新宿線】
4月12日。今回の目的地の最寄り駅は西武新宿線の武蔵関。場所の説明を見ると「練馬インターから車で10分」と書いてある。そうか、きっと車で立ち寄るホテルなんだな。しかし先生は車もない。こうなったら電車とタクシーで行ってやる!


【到着】
新宿から西武新宿線に揺られて20分弱。なんだ、アッという間についたぞ。俺が西武新宿線を使わないから知らなかっただけで案外近い。いいぞ、武蔵関。


【検索してみる】
武蔵関に到着してホテル検索してみると一軒ヒット。やはりここがライオンズロック。獅子岩。どういう事なのだろうか?iPhoneのマップで検索すると徒歩15分と出る。歩くか悩む所だが・・・ここは一つ、タクシーを使わせていただこう。許せ、ハピホテの偉い人。


【北へ南へ】
ホテルは北口方面だけどタクシー乗り場は南口のみらしいので改札を出たら右に降りてみる。


【南口はこちら】
来ましたぜ南口。よーし、タクシーをゲットするぜ。


【赤ペンをトランクへ】
タクシーの運転手さんにホテルの名前を伝えるとすんなり「了解」とのこと。武蔵関界隈では有名なのか。ワンメーターで到着とのこと。行ってくれ、運転手さん!頼んだぜ。


【到着したぜ】
こちらが今回の目的地、ライオンズロック。このロックが「岩」という意味なのか。ロックンロールの「ロック」なのか。確認する必要がある。


【駐車場はこちら】
というか駐車場の方にしか入り口がないので気をつけて!徒歩で来る人は駐車場側に回って入り口を探すべし!


【ゆ・・・?】
とにかくお湯がいい感じという意味だろうか。ライオンズロックというホテルの名前からは想像も出来ないくらいの和のテイスト。


【いざ、ロックへ】
入り口はこちら。この入り口の雰囲気からライオンズロックの「ロック」は岩という意味で間違いない気がする。


【美肌の湯】
入り口の「ゆ」の文字は美肌の湯のことだろう。温泉が全室完備とのこと。うひょー!まじかよー!


【かなり大人気】
僕が到着した時間が20:30。宿泊の受付は21:00から。この時間で空いてる部屋は二部屋という盛況っぷり。15分程まって303号室をゲット!


【こちらでお部屋を選んでね】
タッチパネルでお部屋を指定できる。ハピホテ会員はフロントでお姉さんを呼び出してクーポンを提示すると休憩は500円引き。そして宿泊は1000円引きだ。必ずやるように!


【待合室は4部屋】
どの待合室にもテレビと灰皿が。お部屋が空くと電話で教えてくれるぞ。受付のお姉さんがとても感じが良い人で嬉しい。



【美肌に飽き足らず】
もっと充実したいんだ!という欲張りガールはこちらで入浴剤をゲットするべし!先生はマンゴーをゲットー!


【外出も可能】
エレベーターの中にはさまざまなチラシが。どうやら外出も可能のご様子。そして凄い量の犬。可愛いぜ。「お出かけ感」を演出する足跡が効いてる。


【三階にあがると・・・】
そこにはクリスマスツリー的なオブジェが。いや、これ・・・的なっていうか・・・クリスマスツリーじゃないのか?どちらにしてもきらびやかだ。


【ここが303】
遂に到着303号室。このホテルで一番良いお部屋の中の1つ。さぁ来週はこの部屋に突っ込むぞ!そこには驚愕のお部屋が広がっているに違いない!お楽しみに!



※記事文章は瀧川先生の主観であり、ハッピー・ホテルの見解ではございません。







ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ