ハッピー・ホテル > 赤ペン瀧川先生の男一匹ホテル満喫の旅 > part.1 局地的認知度の高い歓楽街、歌舞伎町

プロフィール
[赤ペン瀧川先生]
瀧川 英次(タキガワ エイジ)
何でも添削家 2007年にmixi内にコミュを立ち上げ、2008年から添削スライドショーを始める。5月27日には松竹からライブの模様を収録したDVDを全国発売。精力的に添削業、執筆業をこなしている。

オフィシャルブログ:
七里ガ浜オールスターズ 瀧川英次のブログ 「鼻は高く 腰は低く」




ハピホテおすすめ

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

最近のホテル満喫の旅
第47回 TWO-WAY(渋谷) 第46回 ARAMIS(新宿) 第45回 ぱるうあ中央店(鳥取) 第44回 LOVE 生玉(大阪) 第43回 HOTEL DEN(足立) 第42回 シエロ(東川口) 第41回 HOTEL カラフルP&A新宿(新宿) 第40回 ホテルザ・ロータスバリ(川崎) 第39回 2013年まとめ 第38回 ホテル CHAT(浦安) 第37回 HOTEL lereve(浅草) 第36回 ノーブル(宇都宮) 第35回 ホテル バロン 千葉中央(千葉) 第34回 HOTEL COMFY(西川口) 第33回 AFRICA HOTEL555 湘南店(湘南) 第32回 ヴィラジュリア道玄坂(渋谷) 第31回 HOTEL555 Discovery 新沼津店(沼津) 第30回 ホテル カリフォルニア雷門店(浅草) 第29回 PASHA【新宿JHTホテルグループ】(新宿) 第28回 HOTEL LADY ASHLEY(松戸) 第27回 HOTEL thera(町田) 第26回 ホワイトボックス(五反田) 第25回 2012年まとめ 第24回 シャトーブリアン(大宮) 第23回 プルメリア(柏) 第22回 カサブランカ 池袋(池袋) 第21回 ホテル ユーズ(大阪市中央区) 第20回 HOTEL LUXE(名古屋市東区) 第19回 ホテル ロンドン王子店(王子) 第18回 フォーラム(新大久保) 第17回 ミント川口店(埼玉県蕨市) 第16回 ライオンズロック(練馬) 第15回 ビラセンメイ(蒲田) 第14回 ホテル SWEETS(上野) 第13回 ノアノア(川崎市川崎区) 第12回 セントラルパークホテル 横浜店(横浜市中区) 第11回 HOTEL HIPジャルディーノ(さいたま市岩槻区) 第10回 HOTEL BaliAn RESORT 錦糸町(錦糸町) 第9回 MAXIN(千葉市花見川区) 第8回 HOTEL LILLET(湘南) 第7回 D CUBE(巣鴨) 第6回 PRINCESS3世(大塚) 第5回 HOTEL B-SIDE(五反田) 第4回 ホテル ローマ(鶯谷) 第3回 HOTEL AROMA(池袋) 第2回 アランド(渋谷) 第1回 遊楽膳(新宿)
PR


第29回 PASHA【新宿JHTホテルグループ】(新宿)
part.1 局地的認知度の高い歓楽街、歌舞伎町

もう4月。春だ花見だ酒だと浮かれる人々も多いこの季節。もちろん先生も浮かれたい。しかし気が付けば1年のうちの4分の1が終わってしまっていた。
正直、愕然としたよ先生は…「2013年…俺はまだ何もしてないじゃないか…」そんな風に肩を落としてる先生のそばにひっそりとたつ赤ペン。
「恋人たちのために頑張っているじゃないか」そんな声が聞こえた気がした。あ、赤ペン!あかぺーん!
よーし、次のホテルに行くぞー!どんな遠いところでもどんとこいだ!歌舞伎町!?えー!どうしたのー!


【新宿着】
3月27日。午後20時。さまざまな人でごった返す新宿駅に到着。三脚を立てたら怒られそうな雰囲気なので引き絵は自粛。接写で行くぜ。どけどけー!赤ペンのお通りだーい!


【迷ったら最後】
都内在住の人間から見ても新宿駅の複雑さったら半端ない。看板をしっかり見ながら“東口出口”の“歌舞伎町方面”を目指してほしい。迷ったら最後、二度と出られないと思って行動したほうがいい。


【アルタ発見】
運良く東口から出るとアルタを発見。よし、順調だ。お昼にサングラスのオジさんが活躍しているあのスタジオだ。


【ロボットが通過】
夜の新宿を歩いているとロボットを搭載した宣伝カーをよく見かけるので覚悟しておくように。


【遊歩道を直進】
アルタ横の遊歩道的な道を直進。ここではさまざまなキャッチが声をかけてくる。気をつけて進まないと二度と新宿から出られないから気をつけてほしい。


【ドン・キホーテ】
するとドン・キホーテが見えてくる。交差点を渡り右折しよう。少し道が狭くなる上に人通りが多いので怖い人にはぶつからないようにしよう。ぶつかったら最後、ケツの毛まで抜かれるからな!


【区役所を左折】
区役所を左折して直進。ここら辺からコアな歓楽街が始まる。黒人のキャッチが気さくに声をかけてくるがついていったら最後、虎の周りをぐるぐる走らされて「コノタイガーヲ、バターニスルマデ、カエサナイYO!」と迫られるから気をつけてほしい。


【右手にセブン】
これが最後のコンビニになる。戦いの準備が整ってない腑抜けた野郎はここで装備を整えるべし!


【野郎寿司を右折】
そのまま直進すると野郎寿司というお店が見えてくる。恐ろしくて入った事はない。きっと筋骨隆々の野郎どもが寿司を乱暴に握りお客さんに投げつけてきたりするんだろう。


【コインパーキングを左折】
野郎寿司を右折して直進すると左手にコインパーキングが見えてくる。これを左折したら目的のホテルがある。ホッとした先生に恐ろしい出来事が起きた!


【ホストくんと記念撮影】
「赤ペンせんせーじゃないですかー!」ホストくん2人組が近寄ってきた。殺されるかと思ったら「一緒に写真を撮って下さい!」との事。なんだ…命拾いしたぜ。というか駅からの道のりを恐ろしい感じで書いてきたがほぼ嘘だ。新宿は怖くないから安心してほしい。なんなら新宿からここまでの間に数人の人に声をかけられたがキャッチとかではなく「あー、赤ペンせんせーいつも見てまーす!」みたいな感じのフランクさ。というか…新宿での認知度がやたら高い。なんなんだろう、俺は。「ちょっとホテル行ってくるわ!」と言うと「一人でっすか!?マジウケるw」的な応援を頂きホテルに向かう。


【ホテル発見】
長く道案内を書いたけど駅から10分くらいで到着しちゃうからね!こちらが今回の目的地、ホテルPASHA!


【デザイナーズ】
全く知識なくやってきたがデザイナーズホテルと書いてある…みんな“デザイナーじゃない人は入れないホテル”だと思ってると思うけど違うよ!デザイナーじゃない人でも入れるから安心して!


【早速デザイナー】
「P」の文字が“踊る女子”のようになってる。早速のデザイナーズっぷり。これは手強い。


【デザイナーズエントランス】
エントランスホールももちろんデザイナーズの力の結晶だ。近未来だ。


【デザイナーズ待合室】
2人がけの椅子がカプセルのようで可愛い。2人だけの空間をデザイナーズが演出。


【デザイナーズカプセル】
こちら、デザイナーズが「丸くしよう!」「いや!四角にしよう!」と揉めに揉めた揚げ句に出来上がったカプセルでございます。個別にテレビ完備。ナイス!


【タッチパネルで選んでね】
お部屋を選ぶタッチパネルも3つある。混み合った時に列になって並んだりしないで大丈夫なので安心したまえ。


【選び方色々】
さまざまなニーズに素早くお答えできるよう選び方が色々ある。押してるだけで楽しい。ダメだ!ちゃんと選ばないと!


【402号室に決定】
色々と考えた結果、402にする事にした!レシートがブイーンって出てくるのでこれを持ってフロントへGO!


【ルームカードをゲット】
鍵のかわりにこういうカードを渡されるのでこれを持ってお部屋に行くのだ!途中外出もカードをフロントに預けるだけで余計な手間要らずだぜ。


【ハピホテタッチも忘れずに!】
フロントの横にあるのでタッチも忘れずに!これ重要だよ!


【しまった和室も良かったな】
エレベーターに乗るとこの告知。和室に泊まると浴衣を貸し出してくれるらしい。しまった!和室もいいじゃないか!


【到着402号室】
やっと辿り着いた402号室。さぁ、来週はこの部屋の全貌が明らかに!乞うご期待!



※記事文章は瀧川先生の主観であり、ハッピー・ホテルの見解ではございません。







ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ