ハッピー・ホテル > 赤ペン瀧川先生の男一匹ホテル満喫の旅 > part.1 そびえ立つホテル

プロフィール
[赤ペン瀧川先生]
瀧川 英次(タキガワ エイジ)
何でも添削家 2007年にmixi内にコミュを立ち上げ、2008年から添削スライドショーを始める。5月27日には松竹からライブの模様を収録したDVDを全国発売。精力的に添削業、執筆業をこなしている。

オフィシャルブログ:
七里ガ浜オールスターズ 瀧川英次のブログ 「鼻は高く 腰は低く」




ハピホテおすすめ

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

最近のホテル満喫の旅
第47回 TWO-WAY(渋谷) 第46回 ARAMIS(新宿) 第45回 ぱるうあ中央店(鳥取) 第44回 LOVE 生玉(大阪) 第43回 HOTEL DEN(足立) 第42回 シエロ(東川口) 第41回 HOTEL カラフルP&A新宿(新宿) 第40回 ホテルザ・ロータスバリ(川崎) 第39回 2013年まとめ 第38回 ホテル CHAT(浦安) 第37回 HOTEL lereve(浅草) 第36回 ノーブル(宇都宮) 第35回 ホテル バロン 千葉中央(千葉) 第34回 HOTEL COMFY(西川口) 第33回 AFRICA HOTEL555 湘南店(湘南) 第32回 ヴィラジュリア道玄坂(渋谷) 第31回 HOTEL555 Discovery 新沼津店(沼津) 第30回 ホテル カリフォルニア雷門店(浅草) 第29回 PASHA【新宿JHTホテルグループ】(新宿) 第28回 HOTEL LADY ASHLEY(松戸) 第27回 HOTEL thera(町田) 第26回 ホワイトボックス(五反田) 第25回 2012年まとめ 第24回 シャトーブリアン(大宮) 第23回 プルメリア(柏) 第22回 カサブランカ 池袋(池袋) 第21回 ホテル ユーズ(大阪市中央区) 第20回 HOTEL LUXE(名古屋市東区) 第19回 ホテル ロンドン王子店(王子) 第18回 フォーラム(新大久保) 第17回 ミント川口店(埼玉県蕨市) 第16回 ライオンズロック(練馬) 第15回 ビラセンメイ(蒲田) 第14回 ホテル SWEETS(上野) 第13回 ノアノア(川崎市川崎区) 第12回 セントラルパークホテル 横浜店(横浜市中区) 第11回 HOTEL HIPジャルディーノ(さいたま市岩槻区) 第10回 HOTEL BaliAn RESORT 錦糸町(錦糸町) 第9回 MAXIN(千葉市花見川区) 第8回 HOTEL LILLET(湘南) 第7回 D CUBE(巣鴨) 第6回 PRINCESS3世(大塚) 第5回 HOTEL B-SIDE(五反田) 第4回 ホテル ローマ(鶯谷) 第3回 HOTEL AROMA(池袋) 第2回 アランド(渋谷) 第1回 遊楽膳(新宿)
PR


第35回 ホテル バロン 千葉中央(千葉)
part.1 そびえ立つホテル

気が付いたら今年ももう9月に突入していて本当に驚いた。今年の夏は何をして過ごしていたのか?全く夏を満喫する事なく気が付けば秋。
こんな切ない寂しい心をそっと抱いて包んでぬくもりを感じさせてくれるホテルに行きたい。
さぁ、次のホテルはどこですか?「千葉です!」…つくづくハピホテスタッフは訳が分からない。察してくれよ、俺の心を。
どういう事なの?千葉になにがあるの?「南国バリ風、そして非常に奇麗でリゾートホテル感満載のホテルがあるんですよ!」
えー、本当かよ…千葉に?千葉だよ?えー…ごねる先生を黄色い電車に押し込んで手を振る編集者。行くか、千葉へ。


【凄い所まで来ちゃった感じ】
新宿から黄色い電車に乗り込んでおよそ1時間。初めて降り立ったその駅名は「千葉」。初めて降り立った千葉。改札がどこかさっぱり分からない。


【東口へ】
目的地のホテルへは東口を出ると良いっぽいのでとにかく東口に向かう。どこだ、東口。


【ダンジョン感】
どうやら千葉駅は現在工事中。東口に行くヒントがたくさんあってありがたい。ありがたいけどたくさんありすぎて何かダンジョン感がより増す結果に。


【ようこそバーチー】
東口に出ると巨大なロータリーが広がる。その中心にあったのがこちら。花の都だったのか…初めての土地でいきなりの洗礼。今のところ、花の都感はなし。


【とにかく直進】
駅を背にして千葉駅前大通りという確かに凄い大きな道路をグイグイ直進していく。駅も道路も都内の1.5倍くらいの大きさ。すげーな千葉。大きいな千葉。


【ぐいぐい直進】
到着したのが早い時間だったので空はまだ明るい。モノレールの駅のあたりまで直進します。


【未来っぽい感じ】
そもそも最寄り駅がモノレールの葭川公園(ヨシカワコウエン)駅。そこからホテルに行けば良かったのに。帰りはモノレールだな。この未来の乗り物で帰ろう。


【栄える葭川公園】
葭川公園駅の前はお店がたくさん。しかし道が広いので混み合った感じはなく風通りの良い町並み。よいなぁ、ここ。チェックインの時間まで喫茶店で仕事しよう。


【花束が邪魔】
喫茶店を出ると道路沿いにベンチが置いてある。休ませる目的なのだろうけどオブジェで置かれた花束が邪魔。休ませたいのか分からない。


【夜になってきました】
夜19時からチェックイン出来るらしいので18時50分に喫茶店を出る。葭川公園駅を背にして直進すると大好きな鳥貴族の看板。この先にホテルがあるらしい。鳥貴族は断念。


【うおおおおお!】
なんだ、ここ。目的地に到着したが何だか凄いでかい。そして堂々としてる。ビジネスホテルとしても使われているホテルらしく全然卑屈さはない。むしろ堂々とそびえたっている。ホテルバロン!


【すげーリーズナブル】
こんなに大きくて堂々としているのに料金設定はかなりリーズナブルと言える。千葉に敵無し!という事の現れなのか。


【この門構え】
この門構え。凄い貫禄を感じる入り口。どうなってんだ、ホテルバロンはよ。早く部屋を見たい。


【石像がある】
いきなりリゾート感がある石像を発見。リゾート地とか行った事がないけど俺の想像する南国の石像がここに。


【エントランスの開放感】
もう若いカップルがよこしまな気持ちで入ろうとしたら尻込みするほどの健康的な開放感。赤ペンとか袋から出せないレベル。


【魔法をかけられた召使い】
かと思えば何かミスをしてしまったんだろう。お花を運んでいる最中に石にされた召使いさんもいたりする。


【待合室がこれ】
なんだこれは…ちょっとした漫画喫茶みたいな事になってるじゃないか。何時間でも待てちゃうぞ、この設備。


【タッチパネル式】
お部屋を選ぶのはタッチパネルで行うべし。設備や値段も分かるのでカップルで気に入った所を選ぶがいい。先生?一番、広くて良い部屋に決まってんだろ!?


【どっちにするか…】
プロヴァンス風かバリ風か。きっと編集が言っていたのはバリの方だろう。バリ行き決定!


【お部屋の鍵ゲット!】
自動清算制じゃなくルームキーをフロントで頂く形式。つまり外出する時も清算したりせずに鍵をフロントさんにお預けする方式。シンプルで好きです、そのシステム。


【頂くぜ?】
ウェルカムドリンクがあったので頂く。コーヒーとキリンレモンのどちらかを選べるようになってますのでぜひ。


【なんだなんだ…】
目的地の6階につくとこの風景。エレベーターホールも広いしバリ風はもう始まっている。すげーな、ここ。とにかくでかいぞ。


【廊下を進んで…と】
この広く奇麗な廊下をご覧下さいよ。ノーエロ!ノーエロホテルです!ビジネス泊してる人に会いませんように!


【到着しました】
千葉のホテル“バロン”の602号室に到着。外観から入り口からエントランスから貫禄をビシビシと感じるこのホテルの部屋がどうなっているのか?胸が高まる。来週はお部屋の全貌を紹介。これまた凄い事になってるぞ、バロン!



※記事文章は瀧川先生の主観であり、ハッピー・ホテルの見解ではございません。







ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ