ハッピー・ホテル > 赤ペン瀧川先生の男一匹ホテル満喫の旅 > part.2 いた、本当にいた。

プロフィール
[赤ペン瀧川先生]
瀧川 英次(タキガワ エイジ)
何でも添削家 2007年にmixi内にコミュを立ち上げ、2008年から添削スライドショーを始める。5月27日には松竹からライブの模様を収録したDVDを全国発売。精力的に添削業、執筆業をこなしている。

オフィシャルブログ:
七里ガ浜オールスターズ 瀧川英次のブログ 「鼻は高く 腰は低く」




ハピホテおすすめ

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

最近のホテル満喫の旅
第47回 TWO-WAY(渋谷) 第46回 ARAMIS(新宿) 第45回 ぱるうあ中央店(鳥取) 第44回 LOVE 生玉(大阪) 第43回 HOTEL DEN(足立) 第42回 シエロ(東川口) 第41回 HOTEL カラフルP&A新宿(新宿) 第40回 ホテルザ・ロータスバリ(川崎) 第39回 2013年まとめ 第38回 ホテル CHAT(浦安) 第37回 HOTEL lereve(浅草) 第36回 ノーブル(宇都宮) 第35回 ホテル バロン 千葉中央(千葉) 第34回 HOTEL COMFY(西川口) 第33回 AFRICA HOTEL555 湘南店(湘南) 第32回 ヴィラジュリア道玄坂(渋谷) 第31回 HOTEL555 Discovery 新沼津店(沼津) 第30回 ホテル カリフォルニア雷門店(浅草) 第29回 PASHA【新宿JHTホテルグループ】(新宿) 第28回 HOTEL LADY ASHLEY(松戸) 第27回 HOTEL thera(町田) 第26回 ホワイトボックス(五反田) 第25回 2012年まとめ 第24回 シャトーブリアン(大宮) 第23回 プルメリア(柏) 第22回 カサブランカ 池袋(池袋) 第21回 ホテル ユーズ(大阪市中央区) 第20回 HOTEL LUXE(名古屋市東区) 第19回 ホテル ロンドン王子店(王子) 第18回 フォーラム(新大久保) 第17回 ミント川口店(埼玉県蕨市) 第16回 ライオンズロック(練馬) 第15回 ビラセンメイ(蒲田) 第14回 ホテル SWEETS(上野) 第13回 ノアノア(川崎市川崎区) 第12回 セントラルパークホテル 横浜店(横浜市中区) 第11回 HOTEL HIPジャルディーノ(さいたま市岩槻区) 第10回 HOTEL BaliAn RESORT 錦糸町(錦糸町) 第9回 MAXIN(千葉市花見川区) 第8回 HOTEL LILLET(湘南) 第7回 D CUBE(巣鴨) 第6回 PRINCESS3世(大塚) 第5回 HOTEL B-SIDE(五反田) 第4回 ホテル ローマ(鶯谷) 第3回 HOTEL AROMA(池袋) 第2回 アランド(渋谷) 第1回 遊楽膳(新宿)
PR


第41回 HOTEL カラフルP&A新宿(新宿)
part.2 いた、本当にいた。

【間取りをスライドにしてみました】
遂に気が付きました。手書きじゃなくてスライドにしたらいいんだ、と。見やすいなぁ…スライドにすると。さて南の玄関は芸能や才能で財を成す相。先生にはもってこいの玄関と言える。そして東の浴室は夜の関係を楽しむカップルが多いらしい。カップルじゃないけど気持ちとしては派手に攻めたい36歳。


【お邪魔しまーす】
どのタイミングでパンダが現れるのか分かっていないのでドキドキしてる。玄関は…ふ、普通だ。


【宿泊は前金さ】
とりあえずここで前金を入金。途中外出も出来るけどまずはお金を投入せよ!さて、いよいよお部屋に入るぞ。


【なんかヤバい…】
手前にソファが見える。それはいいが…その奥に何かヤバい感じがするオブジェが。どうしたどうした。


【テーマは和なのか】
パンダ風呂が設置という事でテーマはチャイナかと思いきやジャパンっぽいぞ。


【混線状態】
手前に二畳くらいの和室がある。和室もあるしベッドは天蓋付き。不思議なアジアンテイストに仕上がっている。


【こういう事だよね?】
きっとこういうプレイ内容で間違いないんだよね?


【超固い】
和室に登るための階段、こればっかりは本物の石っぽい。当たると超痛いから気をつけて!


【とりあえず広い】
全体的な雰囲気はどうあれベッドは広い。フッカフカで気持ちがいい。そこは間違いない。


【摩天楼のついたて】
外国人旅行者が喜びそうなオブジェ満載。反対側は…


【竹やぶ&テレビ】
しかも黄金の竹。豪華絢爛のベッドルームと言える。


【どこだ、こいつは】
大都会新宿の露天風呂でパンダを愛でるという贅沢。と書かれているがそれが贅沢なのかどうか全く想像ができない。


【リビング手前のドアの先】
リビングにはパンダは見当たらない。きっとこのドアの先に何かがあるに違いない。


【噴いた】
なんだ、ここは。薄々とは感じていたが…この部屋、ふざけてるんだな。これは真面目にふざけてるに違いない。


【洗面台はいたって普通】
むしろ、奇麗な感じ。全然いいじゃないか。しかし洗面台の先には…


【パンダ部屋】
小さいパンダの乗り物が置いてある。しかも三方向が鏡ばり。何をしろっていうんだよ、ここで。くやしいけど、笑っちゃう。


【広めの室内風呂】
安心。室内のお風呂は広くそして美しい。くつろぎの風呂と言える。


【ちょっと見えてるし】
室内風呂から露天風呂に向かう途中に既にちょっと見えちゃってる。いるなぁ…あいつ、確実にいるなぁ…


【僕、パンダ】
うんうん、そうだね。パンダだ。そして眠そうに座ってるだけのパンダ野郎だ。この部屋…はしゃいでる!


【露天風呂が派手】
冬の露天風呂ってのもまたいいんだよね。お湯はまだだけどスイッチを入れてみるとこんな感じ。


【客室テーマが判明】
リビングに戻って記事を読み直してみると“客室テーマは外国の方が思い描きそうな『間違ったNIPPON』”と書いてある!やっぱりだ!いきなり大好きに。


【色々納得】
なぜパンダなのか?という疑問にも答えてる。「P&A」→「PandA」→「パンダ」と読めるからという安易な発想で社内決定してしまいました、と。確かにパンダと読める。そしてキャッチコピーがまた凄い。『スタイリッシュなデザイン空間に誰も望んでないバカバカしさもあったりするホテル』って。好感度急上昇!


【そういう事なら任せておけ】
いいんだな。この部屋はちゃんとふざけてるっていう認識で間違いないんだな?こんな鏡ばりのパンダの小部屋まで用意しやがって…けしからん!来週は片っ端から楽しむぞ!お楽しみに!



※記事文章は瀧川先生の主観であり、ハッピー・ホテルの見解ではございません。







ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ