ハッピー・ホテル > 赤ペン瀧川先生の男一匹ホテル満喫の旅 > part.1 生玉と書いて“いくたま”と読む。

プロフィール
[赤ペン瀧川先生]
瀧川 英次(タキガワ エイジ)
何でも添削家 2007年にmixi内にコミュを立ち上げ、2008年から添削スライドショーを始める。5月27日には松竹からライブの模様を収録したDVDを全国発売。精力的に添削業、執筆業をこなしている。

オフィシャルブログ:
七里ガ浜オールスターズ 瀧川英次のブログ 「鼻は高く 腰は低く」




ハピホテおすすめ

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

最近のホテル満喫の旅
第47回 TWO-WAY(渋谷) 第46回 ARAMIS(新宿) 第45回 ぱるうあ中央店(鳥取) 第44回 LOVE 生玉(大阪) 第43回 HOTEL DEN(足立) 第42回 シエロ(東川口) 第41回 HOTEL カラフルP&A新宿(新宿) 第40回 ホテルザ・ロータスバリ(川崎) 第39回 2013年まとめ 第38回 ホテル CHAT(浦安) 第37回 HOTEL lereve(浅草) 第36回 ノーブル(宇都宮) 第35回 ホテル バロン 千葉中央(千葉) 第34回 HOTEL COMFY(西川口) 第33回 AFRICA HOTEL555 湘南店(湘南) 第32回 ヴィラジュリア道玄坂(渋谷) 第31回 HOTEL555 Discovery 新沼津店(沼津) 第30回 ホテル カリフォルニア雷門店(浅草) 第29回 PASHA【新宿JHTホテルグループ】(新宿) 第28回 HOTEL LADY ASHLEY(松戸) 第27回 HOTEL thera(町田) 第26回 ホワイトボックス(五反田) 第25回 2012年まとめ 第24回 シャトーブリアン(大宮) 第23回 プルメリア(柏) 第22回 カサブランカ 池袋(池袋) 第21回 ホテル ユーズ(大阪市中央区) 第20回 HOTEL LUXE(名古屋市東区) 第19回 ホテル ロンドン王子店(王子) 第18回 フォーラム(新大久保) 第17回 ミント川口店(埼玉県蕨市) 第16回 ライオンズロック(練馬) 第15回 ビラセンメイ(蒲田) 第14回 ホテル SWEETS(上野) 第13回 ノアノア(川崎市川崎区) 第12回 セントラルパークホテル 横浜店(横浜市中区) 第11回 HOTEL HIPジャルディーノ(さいたま市岩槻区) 第10回 HOTEL BaliAn RESORT 錦糸町(錦糸町) 第9回 MAXIN(千葉市花見川区) 第8回 HOTEL LILLET(湘南) 第7回 D CUBE(巣鴨) 第6回 PRINCESS3世(大塚) 第5回 HOTEL B-SIDE(五反田) 第4回 ホテル ローマ(鶯谷) 第3回 HOTEL AROMA(池袋) 第2回 アランド(渋谷) 第1回 遊楽膳(新宿)
PR


第44回 LOVE 生玉(大阪)
part.1 生玉と書いて“いくたま”と読む。

やはり無理だった。コラム担当者に内緒で大阪・鳥取ツアーに出かける事はできなかった。そりゃそうだ。
情報はネットにゴロゴロ落としている。それを嗅ぎ付けた担当者から電話が入った。「先生、ライブで大阪と鳥取に行くんですね?
泊まる場所は押さえてしまっているんですか?まだですか?そうですか?それじゃこれからリストをお送りします!」ひぃいいいー!
大阪・鳥取とライブツアーの合間にホテル取材ツアーも同時開催する事に!一体どうなる事やら!


【東京駅】
4月10日。とりあえず何も考えないで東京駅に来て下さい。話はそこからです。


【買っちゃった…】
ホテル取材の時に買う新幹線の切符って本当にドキドキするよね…これきっとホテル代よりも高いよね…。


【乗り過ごしたらヤバい】
僕が乗るのは…のぞみ111号か。寝過ごしたら広島に行ってしまう可能性があるのか。寝れねえ。


【行楽気分】
もし必要な場合は東京駅から早速、駅弁を購入し行楽気分を盛り上げるのもよろし。


【名古屋だがや】
新幹線は順調に西に向かって進んでます。


【京都どすえ】
春の京都かぁ…良さそうだなぁ…いいなぁ、京都…あ…プシュー。


【着いたやん】
来ちゃったなー。もうこうなりゃやるしかねえ!どこや!?ホテルどこや!?まだ全然時間が早いけど。


【看板だけが頼り】
本当に異国の地に来た時の看板の心強さったらまじ半端ねえ。地下鉄地下鉄。


【これこれ、御堂筋線】
東京の地下鉄も凄いと思うけど、東京の人から見たら大阪の地下鉄もかなり入り組んでるような印象よ。


【なんばで乗り換え】
なんば駅で千日前線に乗り換えですが降りて観光してみるのもいいでしょう。


【道頓堀】
ほうら!大阪や!大阪やでー!


【グリコグリコ】
これがグリコの看板やでー!うへへ、大阪はいつ来ても活気があっていいなぁ…。


【夜まで仕事】
ここで先生は夜までライブのための仕事をしてました。気が付いたらもう20時。これからホテルに向かうのでした。


【たにきゅー!】
東京で「マルキュー」と言ったら渋谷109。大阪で「たにきゅー」と言ったらここ、谷町九丁目。3番出口を目指せ!


【ラストコンビニ】
3番出口から直進すると右手にラストコンビニが。必要なものはこちらでお買い求め下さいませ!


【もう見えてる】
コンビニを通り過ぎて右折、という説明をするよりも前に看板が見えてきた…。


【さ、さすがや…】
ここが目的地、ホテルLOVE生玉や…この派手さ。豪華さ。ザ・大阪や…。


【自由の象徴だらけ】
もうコンセプトがよく分からない。フリーダムゴーゴー!


【安いだろ、これは】
お城のような外見から「高いのでは…?」とドキドキする方もいるだろう。しかしこの値段。


【歩いてくると安い】
駐車場を使わないからだろうか。歩いてくると安いサービスがある。もちろん先生もウォークインだ。


【大型ホテル】
お部屋選びはタッチ式。この部屋数の多さにビビる。かなり埋まってるし。宿泊受付開始の20時前にはロビーもにぎわってくる。もちろん独り客は先生だけさ。


【部屋ゲット!】
予約しておいて良かった…無事に207号室の鍵をゲット!


【ハピホテタッチも忘れずに!】
これこれ。仕事とはいえキッチリとポイントを溜めさせてもらいますよ!


【部屋数、すげえな】
1フロアに22部屋か。どうなんだろうか…お部屋、狭かったりするのかな…ドキドキ。


【突入してみるぜ】
大阪のホテルはどんな事になってるのか。明日のライブに向けて休みたいのに…過酷な取材の夜の幕開けだ!来週もお楽しみに!



※記事文章は瀧川先生の主観であり、ハッピー・ホテルの見解ではございません。







ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ