ハッピー・ホテル > 赤ペン瀧川先生の男一匹ホテル満喫の旅 > part.1 初めての地、米子。

プロフィール
[赤ペン瀧川先生]
瀧川 英次(タキガワ エイジ)
何でも添削家 2007年にmixi内にコミュを立ち上げ、2008年から添削スライドショーを始める。5月27日には松竹からライブの模様を収録したDVDを全国発売。精力的に添削業、執筆業をこなしている。

オフィシャルブログ:
七里ガ浜オールスターズ 瀧川英次のブログ 「鼻は高く 腰は低く」




ハピホテおすすめ

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

最近のホテル満喫の旅
第47回 TWO-WAY(渋谷) 第46回 ARAMIS(新宿) 第45回 ぱるうあ中央店(鳥取) 第44回 LOVE 生玉(大阪) 第43回 HOTEL DEN(足立) 第42回 シエロ(東川口) 第41回 HOTEL カラフルP&A新宿(新宿) 第40回 ホテルザ・ロータスバリ(川崎) 第39回 2013年まとめ 第38回 ホテル CHAT(浦安) 第37回 HOTEL lereve(浅草) 第36回 ノーブル(宇都宮) 第35回 ホテル バロン 千葉中央(千葉) 第34回 HOTEL COMFY(西川口) 第33回 AFRICA HOTEL555 湘南店(湘南) 第32回 ヴィラジュリア道玄坂(渋谷) 第31回 HOTEL555 Discovery 新沼津店(沼津) 第30回 ホテル カリフォルニア雷門店(浅草) 第29回 PASHA【新宿JHTホテルグループ】(新宿) 第28回 HOTEL LADY ASHLEY(松戸) 第27回 HOTEL thera(町田) 第26回 ホワイトボックス(五反田) 第25回 2012年まとめ 第24回 シャトーブリアン(大宮) 第23回 プルメリア(柏) 第22回 カサブランカ 池袋(池袋) 第21回 ホテル ユーズ(大阪市中央区) 第20回 HOTEL LUXE(名古屋市東区) 第19回 ホテル ロンドン王子店(王子) 第18回 フォーラム(新大久保) 第17回 ミント川口店(埼玉県蕨市) 第16回 ライオンズロック(練馬) 第15回 ビラセンメイ(蒲田) 第14回 ホテル SWEETS(上野) 第13回 ノアノア(川崎市川崎区) 第12回 セントラルパークホテル 横浜店(横浜市中区) 第11回 HOTEL HIPジャルディーノ(さいたま市岩槻区) 第10回 HOTEL BaliAn RESORT 錦糸町(錦糸町) 第9回 MAXIN(千葉市花見川区) 第8回 HOTEL LILLET(湘南) 第7回 D CUBE(巣鴨) 第6回 PRINCESS3世(大塚) 第5回 HOTEL B-SIDE(五反田) 第4回 ホテル ローマ(鶯谷) 第3回 HOTEL AROMA(池袋) 第2回 アランド(渋谷) 第1回 遊楽膳(新宿)
PR


第45回 ぱるうあ中央店(鳥取)
part.1 初めての地、米子。

大阪でのライブも無事に終わった4月12日。次の目的地は鳥取・米子。米子のライブは4月13日。つまり移動日の本日、ホテルに泊まって取材するというワケだ。
あぁ何だろうか、このお茶目スケジュール。砂丘に寄ってラクダに乗ったりラッキョウを食べたりする余裕はないのか。
ぶっちゃけ、ない。そんな余裕はない。そんな身分ではないからだ。働け!さぁ、恋人たちのために米子のホテルを添削するのだ!


【まずは鳥取】
どんな方法でもいい。とにかく鳥取まで辿り着いて下さい。話はそれからです。


【そして米子へ】
鳥取と米子はかなり離れています。僕も初めて知りました。鳥取から“とっとりライナー”という電車で米子に向かいます。


【来たぜ米子】
鳥取から1時間半ぐらい。米子に到着。初めての土地に一人ぼっちってかなり不安。


【バラエティステーション】
駅のホームに面してうどん屋さんやら色々と併設されている。予想以上に都会なのかも知れない。


【米子駅スタンプ…?】
初めての土地・米子。目に映るもの全てが新しい。なんだろうか、米子駅スタンプとは。さっそく押してみよう。


【なんだこれは】
米子と鬼太郎のつながりがあまりよく分からない。水木しげる先生の生まれた土地なのだろうか。だからといっていきなり“ねずみ男駅”と言われてもなぁ…住人が全て小悪党というワケでもないだろうし。


【駅の二階が熱いっぽい】
昭和な看板が乱立。グリル大山というお店があるらしい。ちょっと行ってみよう。


【バーリトゥード】
グリルしてるやつもグリルしてないやつも全部あるぞ、グリル大山。


【駅でかいな】
外から駅を眺めてみるとやたら大きいのが分かる。遠くからでも分かるグリル大山。


【謎オブジェ】
米子駅前のロータリーから天に向かって突き出てる謎のオブジェ。鬼太郎とのつながりは無さそう。


【ここにいるのか…】
改めて観光マップを見ると東京から随分と遠くに来ちゃった感じが半端ない。


【さぁ、ホテルに行ってみよう】
まだ思い切り昼間だがまずはホテルの場所をチェックしよう。徒歩15分くらいらしいし。駅を背にしてとにかくまっすぐ!


【坂根歯科を右折】
大通りをしばらく歩くと見えてくる坂根歯科を右折。


【え?そういう言葉なの?】
いまだ米子市民と会話をしてないので真相は分からないが…こんな言葉使いらしい。ごしなった…か…。ごしなったの先を左折します。


【大冒険の予感】
なんか追い込まれて状況で英語が格段に上達しそうな英会話スクールの先を右折。からの左折。


【米子市役所を通過】
すげー大きいなぁ…なんていうか…土地はあるぜ!というメッセージが力強く伝わってくるなぁ。


【米子=ネギ】
なんといっても米子といえばネギ。市役所もネギ推しの様子。


【吉野家さえも大きい】
店内はさほど大きくないのだけど駐車場が超デカい。徒歩で移動する人間はいない。そういう事だ。吉野家を右折。


【え?合ってるの?】
グーグル先生はこの橋を渡って左折して奥に行けみたいな事を言ってくるけど…凄く心配なんだけど…


【タイムスリップ感】
思い切り昭和な店が乱立してる…こんな所に本当にあるの?ホテル。


【念ずれば花開く】
力強いメッセージを叩き出してるお地蔵さんに遭遇。このお地蔵さんを右折するらしいんだけど…


【おおおお!?】
いきなり繁華街な感じの通りに。ここは朝日町といって米子屈指の繁華街だったらしい。今は空いてない店も多いが夜にはにぎわいを見せるぞ。


【ゴールデン街的な】
小さなお店が乱立。きっと常連さんが多いんだろうなぁ…


【あ!あった!】
すると発見。本日の宿、ぱるうあ中央店。ビジネスマンも泊まるらしいが…本当だろうか。場所も分かったので夜まで仕事してきます。


【夜!】
昼間のうちに明日のライブの打ち合わせなどをすませて夜に再来店。ライトアップされてより昭和な感じがググっと増す。


【隣も気になるけども】
ぱるうあの隣は南国パブ愛ランド。教科書通りの駄洒落パブ。入ってみたいぜ…。


【すっげー混んでる】
夜の21時。もう既に相当混み合っている。お部屋が空いていて本当に良かった!さぁ、入店!


【ここにします】
ぱるうあの中でもかなり高級なお部屋。しかしリーズナブル。ここにお泊まり決定です。


【着いた!】
というわけで504号室に到着。外観はかなりの歴史を感じさせるぱるうあ中央店。一体、部屋の中はどうなっているのか!?来週に続く!



※記事文章は瀧川先生の主観であり、ハッピー・ホテルの見解ではございません。







ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ