New Open Hotels

北関東に誕生したハイクオリティな和モダン空間 レステイ 宇都宮

栃木県の県庁所在地である宇都宮。餃子で全国的に有名なこの街に『レステイ 宇都宮』がこのたびリニューアルOPENを遂げた。2Fと3Fで客室のコンセプトが分かれており、特に3Fは今回のリニューアルで「和」を取り入れた魅力的な空間へと大きく生まれ変わった。早くも利用客から好評を博している、注目のスポットをご紹介しよう。

全24室のうち、2Fは「美」をテーマにした明るいトーンの空間。3Fは全面改装を経て、ウッディな床面や畳を取り入れるなど「和」をテーマにしたプレミアムな空間が広がっている。フロアごとに料金体系も異なっており、リーズナブルor短時間に利用したい時は2F、ゆとりのあるスペースで長時間くつろぎたい時は3Fと、シーンに応じて使い分けできるのがうれしい。おススメの客室は「302」「304」「307」など、やはり3Fの客室を挙げておきたい。客室ごとに、カップルが対面で過ごせるキッチンスペースや腰を下ろして落ち着ける畳敷きのスペースなどが設けられており、客室ごとの違いを楽しみたいところ。リピーターなら3F全室制覇を目指してみるのも面白そうだ。

設備面も充実しており、Wi-fi環境やVODシステムなど最新のものを導入済み。全室のバスルームにホームサウナ、これに加え3階の客室にはスチームサウナやシルキーバスが導入されている。一部客室には32型の浴室TVもありバスタイムを重視するカップルのニーズに応えている。

フードメニューも一新され、レジャーホテルでは珍しい和風のコース料理や栃木のご当地メニューの数々を提供。アルコールは各種シャンパン、プレミアムな日本酒として名高い「獺祭」などが用意されている。利用の際にはぜひ食事とともに楽しんで、大切な相手とのステキなひとときを過ごしたい。

日頃の喧騒を忘れ、心身ともにリフレッシュさせてくれる『レステイ 宇都宮』。初めて訪れるなら、まずは3Fの客室を利用してそのクオリティを実感していただきたい。車を停めてから客室に入るまでにも細かな仕掛けが用意されており、2人のムードが高まること間違いなしだ。3Fの料金体系は利用時間によって自動で料金が変更となるフレックス制を採用しており、使い勝手がよいのも魅力。北関東エリアを訪れるなら、近隣の観光スポットと合わせてチェックしてみてはいかがだろうか。

GALLERY

DATA

レステイ 宇都宮
リニューアルOPEN日:2017年12月
アクセス:鹿沼ICより平成通りを宇都宮方面へ。 4号線交差点右折、東北新幹線下を左折300m
住所:栃木県宇都宮市簗瀬町1553-7
TEL:028-637-2681
掲載日:2018年3月15日
詳しい情報はこちら

ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ