ハッピー・ホテル > A HOTELで行こう! > いざ、仙台。

A HOTELで行こう! - 仙台ラブホテル特集

仙台ラブホ

仙台ラブホ

 杜の都、仙台が今熱い。一説では“バブル再来”と言われるほどの好景気が仙台を覆っており、ホテルの新築・リニューアルラッシュが続いているという。もともと東北地方にはホテルの数が少なく、そこに好景気の波が来たとあっては建築ラッシュが進まないはずもない。新しいホテル、ちょっといいホテルを探したければ、仙台近郊に足を運ばない手はないのである。

 仙台はそもそも伊達政宗によって開かれた街。その頃から、仙台は東北の経済と文化の一大中心地のひとつだった。壮麗な大崎八幡宮や伊達家墓所の瑞鳳殿、全国区となった「仙台の七夕」などその証拠は枚挙に暇がない。緑なす「杜の都」、14の大学・専門学校がキャンパスを並べる「学都仙台」。すべてが、連綿と受け継がれてきた豊かな空と水と緑によって醸成され、格調高い文化として花開いている。

 それだけに、激戦の時代に入ったホテルもまた一筋縄ではいかない格調の高さ、文化の香りを感じさせるものばかり。仙台市内のレストランやカフェで秀逸なデザインのものが多く見受けられることでも分かるように、仙台の建築のレベルは押しなべて高い。それを反映した数々のホテルは、東京・大阪の最先端のホテルに勝るとも劣らないクォリティーでユーザーに提供されているのだ。

 仙台といえば七夕、牛タンというイメージが根強いが、ここでもう一つ、“ホテル”を加えてみてはどうだろうか。そう、「ホテルの街・仙台」だ。今回、ステキホテル探検隊はその名に恥じない仙台のホテルを踏査した。ここできっと、仙台ならではのシャープで切れ味のいいホテルを探すことができるだろう。そうすればきっと、秋の旅行では仙台を訪れ、お気に入りのホテルを訪れることができるに違いない。

仙台ラブホ
夜の仙台では、横丁へと迷い込んで杜の都を楽しみたい。横丁の代表格、国分町。市内のアクセスもよく、年齢に関係なく楽しめる飲食店が集中している
仙台ラブホ
仙台といえば牛タン。地元の人たちの間で有名な「太古福」の牛タン定食は、ぷりっとした牛タンに、麦飯、テールスープなどどれもが絶品。仙台に行ったらぜひお試しあれ
 SWEET HOTEL MITSUBACO  ホテル 迎賓館  PATIO
 La・Calme  ホテル 貴賓館  Uje surffront

ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ