ハッピー・ホテル > A HOTELで行こう! > いざ、仙台 > 貴賓館

A HOTELで行こう! - 仙台ラブホテル特集

貴賓館

貴賓館

2007.10.2取材

 ごくごく“普通”であること。日常の中にスッと入り込むように、ごく当たり前にそこにあり、ごくごく普通に利用する。簡単なようで難しい、そんな“普通”を実践し、圧倒的なリピート率を誇っているのがここ「貴賓館」だ。
「(変に)特別なことはしない」という室内のデザインは、温かさとゆとりをかもし出し、そこにいるものをホッと安心させる。非日常の中にロマンを求めるのもよいが、お互いになじんだ間柄にはそんな部屋がぴったりくる。肩肘はらず、のんびりと。我が家のようにくつろげる空間がそこにある。

 秘密はシックなデザイン。料金が異なる3タイプの部屋はそのどれもが暖色照明で、壁の色もアイボリーやレンガの茶色などの暖かい色を採用。室内のソファや照明器具もまた、華美装飾を抑えたシンプルですっきりなものばかり。その場にいるだけで、いつの間にかリラックスしている自分に気付くというわけだ。知らず知らず重ねて利用してしまう人が多いのにも納得だ。

 デザインが“我が家”でも設備は充実。写真の501号室には浴室にサウナもあり、お風呂はブロアバス(浴槽底から泡の出るタイプ)。浴槽の形もこっており、利用する人の想像力と創造力をくすぐる。ゲーム、DVDリクエストなど、アミューズメントも充実しているうえ、浴室でのアイテムやコスメ用品も十分用意されている。
  使う者に気遣いさせない、気疲れさせない。等身大の心地よさが詰まった「貴賓館」。“普通”であることの素晴らしさを、きっと教えてくれるに違いない。


貴賓館
遊び心にあふれたブロアバス。ゆったりとつかるもよし、二人で楽しく過ごすのもよし。使うものが試されるバスだ(?)
貴賓館
ベッドサイドもシンプルにまとめられている。遊びすぎず、こだわりすぎず。二人のための時間が純粋に二人だけのものになる。
貴賓館
有機的な内装は暖かさとくつろぎを演出する

貴賓館

 シンプルでシックなデザインと内装が魅力となっている貴賓館。余計な装飾を排除した室内は、暖かな光にあふれ、くつろぎを与えてくれる。ヨーロピアン調の灯りや、レンガの壁面などは、今の世に失われた“人の手”を感じさせる。そんな有機的なマテリアルによる室内は、自然と人の心を和ませて落ち着かせる作用があるのだろう。
  もちろん料金が安いのも魅力のひとつ。AからFタイプまである部屋は、休憩が4410円から。最大で16時間利用できるフリータイムも存分に利用したい。利用する年齢層も幅広いのは、そんなリーズナブルさと、気兼ねなく使える安心感にあるのだろう。

  • 貴賓館
  • 貴賓館
  • 貴賓館
ROOM

 AからFタイプのどれもが温かな雰囲気。Aタイプの休憩・フリータイム4410円から、Fタイプの宿泊13440円まで、料金も納得のリーズナブルさだ。フロントやウェイティングスペースなども同様のテイストでまとめられている。

貴賓館
貴賓館
貴賓館
貴賓館
貴賓館
貴賓館

■貴賓館

東北自動車道仙台南ICから国道286号を秋保温泉方面へ。ローソンを目印に左折してすぐ。ICより2分。JR東北本線長町駅よりタクシーで20分。

宮城県仙台市太白区茂庭上ノ原山5-3

ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ