ハッピー・ホテル > A HOTELで行こう! > 四国ラブホ特集

A HOTELで行こう! - 四国ラブホテル特集

四国ラブホ

四国ラブホ

 愛媛、香川、徳島、高知。飛鳥時代の昔から、4つの“国”があったから「四国」。さらに遡れば、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が世に現れて後、最初に作ったオノコロ島、淡路島にもっとも近く、近畿地方と並び神話に近い聖なる島でもある。緑なす山は深く、平安時代には修験道の修業の場でもあった。四国生まれの空海の修業の後を辿る道程が後に八十八カ所巡り(お遍路さん)となったのは周知の事実である。瀬戸内には穏やかな海神の幸が、太平洋側には荒々しい豊潤な幸が四国を潤してきた――。

 そんな四国に、我々ステキホテル探検隊が上陸した。空を渡り海を越え、四国4県のホテルを一斉踏査するためだ(それも2泊3日の強行軍で)。
前回の仙台と異なり、四国のホテルは建設ラッシュがひと段落し、落ち着いた様相を見せている。しかしそれだけに成熟したホテル文化が花開いており、今、どんなホテルが中心となってユーザーに受け入れられているかを知るための調査だ。

 噂によると、四国独特の事情によるホテル文化もあるらしい。橋による本土からの人の流入地点が要所となっている点、四国内でも高速道路が完備し、他県への移動が容易になっている点、観光地近くの立地が多い点――などなど、世界で49番目の面積を誇る「島」ならではの諸事情がホテルの隆盛に影響を与えているのだ。

 そしてまた、我々は調査の中で、デザインの傾向も四国独特のムーブメントがあることを発見していく。それは“南国風”だ。ハイ・リゾートをユーザーに提供しようとするホテル側の心がホテルのスタイルに表れている。
一体どんなホテルが四国でウケているのか? その目で確かめてみよう。

四国ラブホ
四国の味覚に餃子があったとは! 徳島餃子は、柚子鶏を使った「ひら井」の餃子は、レンコンを具に使い、食感が絶品。
四国ラブホ
四国、高知といえばカツオ。取材に訪れたのはちょうど“戻り鰹”の時期。タタキもいいけど、さすが本場では刺身も出る。これもまた見事な身。
 Fine Garden 松山  MYTH-J  LOTUS
 MYTH-KOUCHI  ファンタジア リゾート  MYTH-S
 クルル  Cross Heart  Vi-Style
 MYTH-NANGOKU

ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ