ハッピー・ホテル > A HOTELで行こう! > 北海道ラブホ特集 > Blue Hotel OCTA

A HOTELで行こう! - 北海道ラブホテル特集

Blue Hotel OCTA

Blue Hotel OCTA

2008.1.8取材

 札幌の喧噪から離れ、癒しの空間を提供している「Blue Hotel OCTA」。ワンランク上の豪華なひとときを2人で過ごすのにピッタリなホテルだ。高級ホテルに引けをとらない室内が、ゆっくりと流れる2人だけの時間を特別なものに変えてくれる。OCTAとはギリシャ語で「8」という意味。8階建ての「Blue Hotel OCTA」は、フロアーごとにテーマカラーを持ち、全く違う顔をのぞかせる。しかも、全ての部屋に天然温泉がひかれ、訪れる人にくつろぎを与えてくれる。

 最上階のA801号室はガラス張りのお部屋で、夜には宝石をちりばめたような札幌市街地の夜景を独り占めできる。Blue Hotel OCTAの横には札幌競馬場。A801号室には望遠鏡が設置され、昼間には真下で行われる札幌競馬場で開催されるレースを広いお部屋でじっくりと堪能できる。部屋全体は、シックで落ち着いたブラウンが基調。夜景やレースで興奮したココロとカラダを落ち着かせてくれる雰囲気を持っている。まさに癒しの空間なのだ。しかも、ガラスとカガミがこの広い部屋をさらに広く見えるように演出。快適で広い部屋を2人占めできるのだ。このように、A801号室は昼間、夜ともに楽しめる特別な部屋となっている。

Blue Hotel OCTA
オシャレで居心地の良いA801号室の室内。札幌競馬場が一望できる。
Blue Hotel OCTA
A801号室のバスルームはガラス張りで開放感たっぷり。夜景を眺めるのにも最適。
Blue Hotel OCTA
円形の部屋が、まるでクローバの形のようにつながっているA220号室。

Blue Hotel OCTA

 A220号室は、円形のお部屋が特徴の不思議な空間を提供。ベッドルーム、リビング、シャワールームと3つの円形の部屋と大きめのバスルームが一体となっている。その一つ一つの部屋も結構広い。ベッドルームは、天井も円ければ、ベッドも円い。遊び心あふれる室内なのだ。ホワイトが基調の室内は床がブラウンと、こちらもA801号室と同様、落ち着いた雰囲気のゴージャスさを演出。しかも、A220号室は、A801号室と同様バスルームが広く、石造りの本格派。特別な人と特別な日を過ごすのにピッタリ。2人だけで使うのはもったいないくらいの豪華で広い空間となっている。ぜひとも利用したいホテルのひとつだ。

  • Blue Hotel OCTA
  • Blue Hotel OCTA
  • Blue Hotel OCTA
  • Blue Hotel OCTA
  • Blue Hotel OCTA
ROOM

 ポップな雰囲気の215号室。なんと温水プール付きの豪華なお部屋。しかも、富士山の壁紙が飾られているため、銭湯気分で2人でゆっくりと過ごすのにも最適だ。ホワイトを基調に赤のソファーがアクセントとなっている室内には、効果的にライトがあしらわれている。マッサージチェア、ベッドとも明るい雰囲気で、2人の距離がグット縮まるぞ。

Blue Hotel OCTA
Blue Hotel OCTA
Blue Hotel OCTA
Blue Hotel OCTA
Blue Hotel OCTA
Blue Hotel OCTA

■Blue Hotel OCTA

札幌競馬場すぐ横に佇む豪華な雰囲気の「Blue Hotel OCTA」。ワンランク上のゴージャスな気分を味わうのにピッタリ。

北海道札幌市中央区北15条西19-34-7

ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ