ハッピー・ホテル > ハッピー・トーク

ハッピー・トーク 秘密の花園

ついに7回目を迎えた初めてのラブホの覆面座談会。最初は「あまり話すことはないよ」と言っていた東京の大手IT企業に入社したばかりの新人OL4人組だけど。酔っ払った失敗も多いみたい。それでは第7回がはじまるよ!

まい「あやちゃんは多そうだよね。酔っ払った失敗」
あや「酔っ払った失敗は本当にたくさんあるよ。やばいよ〜」
まい「あやちゃんは弱いからね」
あや「合宿所で酔っ払ったときなんだけど。全然好きでもない後輩に、私さみしいの、どうでもいいからチューしてって、ずっと言っていて」
ななさくらまい「え〜!」
あや「なんかチューされて、そのまま布団の中に入っていたら、元彼が突然入ってきて」
さくら「付き合ってたの?」
あや「付き合ってないよ。パッと振り返った瞬間に、元彼が部屋から出て行っちゃって。追いかけたんだよ。違うんだよって説明して」
まい「酔いが一気に冷めちゃったんだよね」
あや「冷めたよ。あれは。ヤバかったよ」
なな「後輩との関係を見ちゃったんだよね」
あや「でも、付き合ってないときだったんだけどね」
さくら「その元彼は気を使ったつもりだったんだよ」
なな「あやは、元彼を好きだったんだよね」
あや「私は今でも元彼が大好きなの」
さくら「へぇ〜、それならヤダよね」
あや「でも、そのチューしちゃった後輩は、私のことが好きだったらしいの」
なな「そうだったんだ」
まい「後輩をもてあそんだね」
あや「今では、その後輩にも彼女ができてよかったんだけど。でも、酔っ払った失敗は本当にたくさんあるよ」
まい「だって、弱いからね」
あや「そのときも元彼が好きで好きで、どうしようもなかったの。カラダでしか、つなぎとめることができない、って本当に思っていて」
さくら「強いよね」
まい「自信があるよね」
なな「とりあえずいっしょに居られればいいって感じ?」
あや「そうそう。何でもいいから必要とされていればいい、って感じで。そう思ってて。合宿でも、2人でトイレにこもって」
まい「ヤッてた?」
あや「ヤッてはないけど、フェラしたり」
なな「え〜!」
まい「私の友達はちょー酒癖が悪くて。内定式の飲み会で、同期の男の子と殴り合いのケンカをしたり。女の子なんだけどね」
なな「え〜」
まい「女は黙ってろみたいなこと言われて。カチンときちゃって。でも、その後、仲介してくれた男の子とクルマでヤッた、みたいな」
ななさくらあや「え〜」
さくら「スゴイね」
まい「でも断片的にだけど、酔っ払っても結構覚えているんだよね。それがイヤで。忘れるんなら忘れたいんだけどね」
さくら「でも全部忘れるなんてありえないよ。男で覚えてないなんて、言い訳でしかないじゃん」
あや「確かに、それはないよね」
さくら「ヤッたら覚えてるよ、絶対」
ななあやまい「そうだよね」
なな「言ったこととかは忘れるかもしれないけど、ヤッたら覚えてるよ」
さくら「あっちが赤いパンツをはいてたのも覚えているよ。ちょー派手だった」
まい「多分勝負パンツ?」
さくら「そのときはネクタイも赤だったの、その日は」
ななあやまい「ありえない〜!」
あや「社内?」
さくら「社内とか言わないの。社内じゃないよ〜。違うよ」

だんだん怪しい方向に進みだしたぞ。社内なんてとってもヤバイんじゃない。次回はどんな話が飛び出すのか。お楽しみに!

女の子の本音@
本気になったら一途。別れた元彼をカラダを使ってでも、つなぎとめようとしちゃう。

女の子の本音A
酔っ払ってて忘れたなんて、言い訳でしかないよ。覚えてるんでしょ。でもカッコよければいいかな。

女の子の本音B
派手なパンツは要注意!勝負パンツかと思っちゃうよ。

参加メンバー
なな
22歳、A型。今のところ彼氏なし。趣味はスノーボードと活発的。都会は体験が早いのかな。
さくら
23歳、B型。ネットサーフィンやカラオケが趣味とのこと。彼氏アリ。楽しいことが大好きな女の子。
あや
23歳、O型。趣味はサッカー観戦とおいしいものを食べに行くこと。彼氏はと聞くと「一応アリ」と、ちょっと意味深。
まい
23歳、O型。趣味は引きこもりとのことだが、座談会では結構深い発言も。彼氏はアリとのこと。


ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ