New Open Hotels

モダンで洗練された光の空間 サザンテラスM

中野や高円寺、吉祥寺など、個性的な駅が揃う中央線にあって、とりわけ異彩を放っている国分寺。サブカルチャーの香りが漂うこの街に、このほど新しいレジャーホテルがグランドオープンした。モダンで洗練された空間が自慢のホテル『サザンテラスM』である。JR国分寺駅の南口を出たら、駅を背にして多喜窪通りを進む。ファミリーマートが見えたら、目指すホテルはすぐそこだ。

スタイリッシュな外観の、ビル型ホテルである。客室は全12室。部屋ごとに異なったテーマでデザインされており、壁やベッドの下を彩る鮮やかなLED照明が目を引く。壁材にはメラミンを使用しており、たばこの臭いや汚れもつきにくく清潔感が保たれている。

オススメの客室は、「041」。壁にブルーのLEDが埋め込まれており、部屋全体を青く照らす。まるで深い海の底にいるかのような、幻想的な雰囲気だ。「031」は一見シンプルながら、枕元に特別なランプを設置。炎が揺らいでいるような、光のショーを楽しむことができる。落ち着いており、特にリラックスできると好評だ。

気になる室料は、全室統一。ショートタイム90分なら3000円(月〜木、金土日祝は3800円)、最大11時間利用できるフリータイムなら5400円(月〜金、土日祝は6000円)、宿泊なら9500円(月〜木、金土祝・祝前日は10500円、日曜日は7300円)。国分寺駅の駅チカという抜群の立地でありながら、リーズナブルな料金だ。もちろん、設備面も充実。浴室TVやブロアバス、ナノイードライヤーなど全室に取り揃えている。

現在、「サザンテラスM」では、メンバーズ会員を募集中。 利用するたびに自動精算機でポイントが貯められ、様々なプレゼントと交換することができる。 ホテルは入室後、途中外出も可能。チェックインした後で買い物や外食に出かけることができるのも嬉しい。 国分寺の南口は、再開発が進む北口と違って、古き良き町並みが残る。ディープな雰囲気の飲食店も数多いので、「サザンテラスM」を拠点に街歩きをしてみてはいかがだろうか。

GALLERY

DATA

サザンテラスM
リニューアルOPEN日:2019年2月
アクセス:JR中央線国分寺駅「南口」を多喜窪通りを進み 、
ファミマを過ぎたらすぐ
住所:東京都国分寺市南町3-14-5
TEL:042-401-0095
掲載日:2019年4月4日
詳しい情報はこちら

ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ