New Open Hotels

リーズナブルに露天風呂を堪能…小江戸で味わう非日常の癒し ハイビスカス川越

まるで時代劇のセットのようなレトロな街並みから、埼玉県屈指の人気観光地となっている“小江戸”川越。休日ともなると、東京や埼玉、近隣の県から大勢の観光客が押し寄せるこの街に、2020年3月、期待のニュー・ホテルがグランドオープンを遂げた。ホテル『ハイビスカス川越』である。

ホテル『ハイビスカス川越』が建つのは、JR埼京線・東武線の川越駅の北東。歩いて25分ほどのところになる。川越の街をぶらぶらと散策しつつ向かってもいいし、歩くのが苦手という方はタクシーを利用するといい。目印は国道16号と国道254号が交差する、小仙波南交差点だ。駅を背にして交差点に近づいていくと、白く、ところどころハイビスカス柄のアクセントが施された大きな建物が見えてくる。それが目指す『ハイビスカス川越』である。 客室数は全32部屋。外観同様、いずれも洗練された、モダンかつ機能的なつくりで、「さすがは、ニューホテル!」と思わずうならされる。

どの部屋を選んでも外れはないが、オススメは、「406」「201」「501」の3室。「406」は露天風呂が付いた、バリ風のリゾート感あふれる客室。「201」は『ハイビスカス川越』で2間続きになった当館最大の客室で、TVも2台設置してあるなど広々とした空間が魅力。「501」は露天風呂だけでなく、ドライサウナも設置。それでいて手頃な料金で利用できるので、人気ナンバーワンの客室だ。 もちろん施設だけでなく、サービスも高水準。シャンプーやボディーソープ、美容器具などレンタル品は豊富で、フードメニューも充実。本格的なビーフステーキから小腹が空いたときにありがたい200円均一メニュー(11時〜20時)まで、幅広い料理が用意されている。

メンバーズ会員になると利用回数に応じて室料が割引されるほか、コスプレ無料レンタル(1着まで)、貯めたポイントと豪華景品の交換といったうれしい特典を受けられる。お得な情報が満載なので、ホテルのホームページをチェックしてほしい。

伝統ある街に生まれた、ニューホテル。川越の新たなる""ホテルの歴史""は『ハイビスカス川越』から始まるかもしれない。

GALLERY

DATA

ハイビスカス川越
リニューアルOPEN日:2020年3月
アクセス:JR埼京線・東武東上線「川越駅」徒歩25分
住所:埼玉県川越市大仙波326
TEL:0492-72-7719
掲載日:2020年6月4日
詳しい情報はこちら

ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ