ハッピー・ホテル > ハッピーステイ > 日向琴子 ホテル ウォーターゲート(2020.12)

ラブホテル評論家 日向琴子のハッピーステイ
プロフィール
日向琴子(ひゅうがことこ)
日向琴子(ひゅうがことこ)
19歳で上京し22歳で漫画家デビュー。 以後、漫画家として多くの連載やレギュラーを抱えるだけではなく、エッセイやグラビア、ラブホテル評論家等、多ジャンル各メディアにて幅広く活躍中。ライフワークとして、性感染症やエイズに関する予防啓蒙活動を続けている。
オフィシャルHP





バックナンバー

ホテル ウォーターゲート(2020.12)

今回は、鹿児島出身の私もビックリ!未だかつて、こんなド正面から桜島を見たことがありません!桜島を目の前に望める鹿児島市錦江町にあるリゾートホテル、「ホテルウォーターゲート」に行ってきました。

市内には、桜島を眺めることのできる露天風呂を有する高級観光ホテルなどもありますし、ドライブしながら海沿いを走れば桜島を眺めることもできますが、ホテルウォーターゲートの客室から見る桜島は、もう、「桜島!海!防波堤!ホテル!」ってくらい、桜島と自分との間に隔たりがありません!目の前の海にドドドドーン!と桜島が見えるんです!これは本当にすごいですよ、絶景です!!鹿児島出身の私が断言します!桜島をこの距離で独り占めできるのは、ホテルウォーターゲートのみ!しかも、今回私がお邪魔した803号室は、本当にド正面です!

ホテルウォーターゲートは全室オーシャンビューなので、どのお部屋を利用しても桜島と海が見えます!鹿児島に旅行で訪れた際には、ぜひ一度利用していただきたいホテルです。

広々としたロビーにはクリスマスツリーが飾られ、ウェルカムドリンクバーやスイーツバイキング、入浴剤バイキング、シャンプーバーなどがあります。ウェルカムドリンクはコーヒーや紅茶、炭酸などのソフトドリンクに加え、自分だけのオリジナルカクテルが作れるサーバーもあり、かなり楽しそう!ショーケースの中のプチケーキやミニおはぎも、1人1品無料です。

漫画コーナーやマガジンラックもあるので、お部屋で漫画や雑誌を読むこともできます。至れり尽くせり!

フロントでお部屋を選んだらルームキーを受け取り、お部屋へ。

今回お邪魔したのは、ホテル最高ランクのSクラス、803号室。冒頭でもお伝えしたように、壁一面の窓から海と雄大な桜島が見える広々としたお部屋です。壁一面の窓の前にはバーカウンターが設置され、お部屋全体は黒を基調としているので大人っぽい感じ。ジョイサウンドのカラオケやミニキッチンも付いていて、ハンギングチェアもあります。

室内にはカラオケ用、リビング用、ベッドの間、と3つのテレビがあり、ベッドもふたつあります!

さらに!ゲームセンターに昔あったようなパックマンのゲーム機まで設置されてますよ!これは楽しい!

お風呂も広くて窓が大きく、お風呂からも海と桜島が見えます。バスタブも大きくて、贅沢なひと時が過ごせますよ!部屋置きのシャンプー類はジーラですが、ロビーにはラックス、マシェリ、SALA、ひまわりなどの人気のシャンプー類が置いてあるので、必要な方はチェックイン時に忘れずにピックアップしてくださいね。

アメニティも豊富で、エステロワイエのスキンケアラインがボトルであるほか、ピーリングジェルやキュウリのフェイスシートマスクなど美肌アイテムも揃っていて、手ぶらで行っても大丈夫です。ドライヤーは2種類、乾かすタイプとブラシ付きのものがあります。

ルームサービスも豊富で、グランドメニュー以外にもサービスメニューやモーニングなどがあり、せんべろメニューもあるし、おつまみもアルコールも色々揃っています。ホテルのホームページに写真付きのメニューブックが掲載されているので、詳しくはそちらをご覧になっていただければと思いますが、ステーキやハンバーグ、カレー、サラダ、ピザ、パスタ、オムライス、グラタン&ドリア、サンドイッチ、麺類、丼類、アラカルト、デザートと、美味しいものがたくさん揃っているので、ぜひ、ホテルグルメを堪能してくださいね!ファミレス顔負けのメニューです!

日向は今回、サービスフードメニューのプルコギピザ(なんとメンバー400円!ビジターは600円)と、グランドメニューからハンバーグステーキ(600円)と、中華ポテト&小倉アイス(500円)をいただきました。写真はそれに無料サービスのミネラルウォーターと、G、Sタイプのお部屋限定でサービスされるウェルカムメニューの中から選んだアイスコーヒーです。

ハンバーグは、鹿児島で有名な老舗精肉店「島田屋」のもので、鉄板に盛られてやってきます!専門店の味は文句なく美味しい!プルコギピザは、チョッッピリ薄めの生地に美味しい味付きお肉やコーンなどがたっぷり乗っていて、あまりの美味しさにあっという間に完食できちゃうほど。中華ポテトは大学芋みたいな感じで、小倉あんとアイスクリームとの相性もバッチリ!本当に美味しかったです。

G、Sタイプのお部屋だと、ウェルカムサービスでアルコールかソフトドリンク、アイスクリームがついて、とってもお得!お得といえばメンバーになるとサービスメニューが割引価格になったり、宿泊すると朝食が無料になったりするので、メンバーになるのがおすすめです。メンバー特典は入会したその日から適用されるので、ぜひ!

朝食は、日向が取材で訪れた際は、「日本ご当地モーニング」メニューがありました。これは、全国9カ所の名物モーニングがいただけるという素晴らしい企画で、例えば沖縄はランチョンミートおにぎり、鹿児島は鶏飯、兵庫はアーモンドトースト、京都は衣笠丼、北海道はラーメンサラダ、福島はクリームボックス…といった感じです。

今回日向は迷いに迷って、アーモンドトーストにしました。砕いたアーモンドがたっぷり入ったバターが塗られたトーストはとっても美味しくて、沖縄のコーンビーフやサラダ、目玉焼き、コーヒーがついていて朝にちょうど良いボリューム。

カウンターで、目の前の桜島を眺めながらいただく朝食は、それはそれはとても贅沢な時間でした。ぜひ、みんなにも味わってもらいたいです!

ちなみに、桜島、チェックインした夜は、目の前に広がる真っ暗な海を見ながら静寂に包まれていましたが、朝5時半ごろふと目を覚ましてみると、夜明けの空に浮かび上がる雄大な桜島の姿を見ることができました。

夕方18時からチェックイン可能なので、夏であれば夕方から夜にかけてのロマンチックな桜島を楽しめると思いますし、冬は、今回のようにちょっぴり早起きして、移り変わっていく空と海と桜島を眺めるのもオススメです!

これで平日宿泊13000円、土曜日、祝日前18000円は、相当お得ですよ!

もし、鹿児島に旅行でいらっしゃることがありましたら、ぜひ、ウォーターゲートに一泊していただきたいです。803号室は本当にオススメ!

実は、市内には1泊6万円くらいするホテルで、露天風呂や客室から桜島を望められるところもあるのですが、ここだけの話、ウォーターゲートはその某有名ホテルよりも断然桜島が近いのです!

というわけで、地元民の日向もびっくり!桜島を目の前から眺められる、部屋良し、食事良し、サービス良しのコスパの良い素敵なホテルでした!

鹿児島の中心地にあり、おひとり様でも3名様以上でもお子様連れでもOKです!タクシー利用の際は、領収書を提示すれば最大1000円までお食事の割引もあります。

この記事がアップされている現在、クリスマスプレゼントイベントも開催中なので、クリスマスデートにもオススメですよ!



ホテル ウォーターゲート
鹿児島県鹿児島市錦江町10-22
099-239-2390



ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ