ハッピー・ホテル > ラブホコラム > 男子必見!ラブホっていつ行きたい?どう誘われたい?【女性の目線編】

コンテンツについて
ラブホテルについてのお役立ちコラムを掲載します。

バックナンバー
[Category]北海道のおすすめラブホ [Category]宮城県のおすすめラブホ [Category]栃木県のおすすめラブホ [Category]埼玉県のおすすめラブホ [Category]千葉県のおすすめラブホ [Category]東京都のおすすめラブホ [Category]神奈川県のおすすめラブホ [Category]京都府のおすすめラブホ [Category]大阪府のおすすめラブホ [Category]兵庫県のおすすめラブホ [Category]愛知県のおすすめラブホ [Category]福岡県のおすすめラブホ [Category]沖縄県のおすすめラブホ [Category]ラブホデート [Category]ラブホに関する調査結果

バックナンバーページ


ラブホに関する調査結果
男子必見!ラブホっていつ行きたい?どう誘われたい?【女性の目線編】

男性の皆さん、いつも素敵な彼女と、ラブホに行きたいと思っていませんか。
でもまだ二人でラブホ行ったことがないから、どう誘ったらいいか、いつ行ったらいいか、もしかしたら彼女はラブホは嫌なんじゃないか…と心配になって、迷っているんじゃありませんか。

大丈夫、あなたが彼女にとって素敵な男性であれば、彼女もきっとラブホに行きたいと思ってくれます。
女性だってラブホを楽しみたいと思っています。

ただし!
タイミングや誘い方が重要で、これらのポイントを押さえずにアプローチしてしまうと、マイナスの印象を与えてしまうことも…。

この記事で、女性がラブホに行きたくなるタイミングや、「こんなふうに誘われたい」と思うポイントを整理しました。
不器用な男性諸君はぜひ参考にしていただき、スムーズなラブホデートを実現してください。


女性がラブホに行きたくなるタイミング
女性にも、ラブホに行きたくなる波、タイミングというものがあります。
もちろん個人個人によってこのタイミングは様々ではありますが、一般的な傾向というのはあります。
以下のようなタイミングは、比較的誘いやすいところです。

ただし、注意!
彼女があなたとラブホに行きたいかどうかは、まずあなたが素敵な男性であるかどうかにかかっています。
女子の気持ちへの敬意を持ったうえで、参考にしてみてください。


素敵なデートが成功したあと

女子にとって、ラブホへ流れ込むには、そこまで至るストーリーが大切です。
関係や雰囲気の構築もままならない状態で「ラブホテルに行こう」ではなかなか成立しませんが、一日を通して素敵なデートを企画してリードしてくれた男性に対しては、「ちょっと心を許してもいいかな」という気持ちが芽生えています。
一生懸命彼女を喜ばせてあげたデートの後は、ラブホへ誘うチャンスです。

終電を逃してしまった後
ストーリー以外にも女性がラブホへ行くのに必要としているものがあります。
それが、「言い訳」です。
女性もラブホに行きたい気持ちはあるのですが、「軽い子だと思われたらどうしよう…」など、男性以上に印象を気にしていることがあります。
そこで「終電を逃してしまったから仕方ない」という言い訳を与えてあげることで、女性としては男性からの誘いにOKを出しやすくなるというわけです。


記念日などの特別な日
これは上記2点の合わせ技とも言えるでしょう。
交際した記念日やどちらかの誕生日など特別な日は、きっとデートにも気合いが入っているはず。
いつもより雰囲気は盛り上がっているし、気持ちとしては十分です。
そこへさらに、「今日は特別な日だから」という言い訳が添えられれば、もはや隙はありません。


女性がラブホに行きたがっているサイン
タイミングが分かったところで、次はその女性が本当にOKしてくれるのかというサインを読み取る術を身に付けましょう。
タイミングが良く、しかもOKサインが出ていれば、これはもう高確率でラブホへお誘いしても大丈夫ということになります。


手を握り返してくる・ボディータッチが多い


フィジカルなサインが一番わかりやすいでしょう。
カップルであれば、男性が握った手を彼女がギュッと握り返してくれるなど、言葉のいらない愛情表現は「今日は盛り上がっています」のサインであると考えられます。
また、いつもよりボディータッチが多い、座ったり歩いたりするときの距離が近いなど、身体的な接触が増えていると感じたら、これは彼女がサインを送っている可能性が高いといえます。
自分の勘違いでないことをしっかり確認したうえで、しっかりと感じ取ってあげましょう。

「眠い」と言いながら帰らない
「ラブホに行きたい」とストレートに言えない女子がよく使う表現がこちら。
そんなに眠いなら帰ればいいのに…と思っている男性は、ちょっと自身の鈍さを見つめ直しましょう。
眠いけど帰らない=あなたと眠れるところに行きたい、というサインを見逃してはいけません。
特に、このような発言が繰り返されている場合には、高確率で女性のほうから男性にアピールしています。


終電や門限に対して意識が薄い
「門限だから帰る」、「終電だから帰る」という女性を無理に引き留めるのは、素敵な男性の振る舞いではありません。
女性は帰りたいと思ったらこんな表現を使って、さっさと帰ってしまいます。
つまり、逆に言えば門限も終電もあまり気にする様子のない女性は、「今夜はあなたともう少し居てあげてもいいんですよ」というサインを出してくれていると考えられます。
どうやら彼女が帰る気配がなさそうなときには、思い切ってラブホにお誘いするチャンスです。


女性はこうやってラブホに誘われたい
タイミングを掴み、サインを読み取ることに成功した男性は、あとは女性をラブホに誘うだけです。
「でも、どうやって誘ったらいいか分からない…」という方のために、女性が好印象を持ってしかもOKしやすい誘い方をまとめました。
参考にしてみてください。


答えは一つ、ストレートに誘うこと

原則として、男性から女性にラブホテルのお誘いをかけるうえで、絶対的な正解はこれしかありません。
「ちょっと眠いから、寝られるところに行く?」や「カラオケもできるし、」などと見え透いた遠回しな表現に対して、素敵だと思ってくれる女性はほとんどいないでしょう。
(どうせ下心があるくせに)とマイナスの印象を与えてしまいかねません。

堂々と、単刀直入に、「素敵なあなたとラブホテルに行きたい」と伝えましょう。
そして、残念なことにお断りされてしまったら、そのときはキッパリと諦めましょう!
「お願い!」などと食い下がられると弱い女性も中にはいますが、女性の意志を尊重せずにしつこく・無理に誘う男性は、素敵ではありません。

上述の「言い訳を与えてあげる」の応用テクニックとして、「何もしないから行こう」や「全額出すから行こう」などと言い添えることによって、彼女がOKしやすい環境を整えてあげるという方法もあります。
ただし、これは十分に関係が構築できたカップルでないと逆に胡散臭い印象を与えかねないので、使い方には注意が必要です。


まとめ
男性の皆さん、ラブホに対する女性の気持ちが少し理解できたでしょうか。
ポイントは、男性自身が素敵であること、そして女性の気持ちを尊重してあげること、の2点にかかっています。
これさえきちんと把握することができれば、きっと大好きなあの子をラブホにお誘いすることに成功できるはずです。
健闘を祈っています!



ハッピーホテル

ハッピーホテルは、全国のラブホテル、レジャーホテル、ビジネスホテル(カップル・デイユースプラン)などが探せるホテル検索サイトです!

ページの先頭へ